次の仕事を決めずに仕事をやめた結果

専門学校を卒業し、個人店に就職したがあまりの労働時間の長さに耐えきれなくなり辞めてしまいました。

1日16.17時間で休憩もまともになく睡眠時間や自由時間がほとんど確保できない生活を1ヶ月続きました。

疲れで顔が老け込み友達には別人とも言われるまでに。それでも慣れなくて次の仕事を決める前にやめてしまいました。

やめたはいいけどなんと給料がもらえませんでした。一人暮らしをしている僕にとっては大打撃でした。

あんなに働いたのに給料がもらえないなんてって思いながらやめてから数日間ベットでゴロゴロしていました。

財布には小銭しかなく家賃、生活費、光熱費を払えない危機感を覚えるようになり、どうにかしてお金がほしいと思い始めました。

まずはバイトをしようと思い始めたが給料が振り込まれるのは次の月。今月の支払いは無理だと確信しました。

そんな僕はまずネットで楽に稼げる仕事を検索。世の中そんなに甘くはありません。

現金が入ってこないと食べるものがなく1週間くらいは水に砂糖や塩を混ぜて飲んだりバイト先の人にご飯に連れてってもらったりして生き延びてました。

そのときに日雇いのバイトを紹介してもらい日雇いで必要なお金を稼ぐために毎日いろんなところに仕事をしにいき汗をながして稼ぎました。

支払いは全部済ましバイトの合間に次の仕事も決まりました。

仕事をやめるなら次の仕事が決まってからやめた方が苦労は少なく済むかな。

このページの先頭へ