初めての1人暮らしでさらにパチンコでも負けて生活資金が底をつく

今までお金が無くて困ったのと言えば、社会人に成りたての頃ですね。

会社に入社したのと同時に実家を離れて一人暮らしを始めたのですが、実家に居た頃と勝手が違って大変でしたね。

光熱費や食費といったものがどの位かかるかも把握出来ていませんでしたし。

特に食費については自炊なんて出来る訳も無く、ほぼ外食かコンビニ弁当の毎日で、飲み会等も頻繁にあったので月の食費が5万〜6万といった月もありました。

更に当時はパチスロといったギャンブルにもハマっていたので、生活資金まで使ってしまう事も良くありました。

ですので、給料日前には生活資金が底をつくなんて事も多々ありました。

そんな時は会社の同僚にお金を借りて凌いだりしていたのですが、どうにもこうにもならなくなった時は親に相談して仕送りをしてもらっていました。

お金が無かった一番の要因はパチスロにハマっていた事でしたが、当時は止める事は出来ませんでしたね。

今考えると何故そこまでのめり込んでいたのかは分からないですが、若気の至りだったのかも知れませんね。

このページの先頭へ